10月16日(土) 東洋哲学講座が開催されました

 今回の東洋哲学講座は前回に引き続き言志四録の「74平和時の政」から「96地道三則その三」までを学びました。
 「76人心発揚」では「射騎刀さく」という言葉が出てきました。この言葉は、武術の弓術・馬術・刀・なぎなたの事を指し、武士が身につけておくもののことですが、現代の「平和時の政事」に置き換えて考えると「どのようなスキルを身につけ、何に向かって行くのか?」ということになり、日常の生活の中でも常にそのように考え、行動していくこと(心身発揚)が必要である。という事を学びました。
 他には「プッシュモデル・プルモデル」の考え方を学び、従来の考え方(プッシュモデル)ではこれからはビジネスを含め色々なことが立ち行かなくなるということを学び、討論しました。