2月22日(火) 地権者セミナー〜高松丸亀町商店街古川理事長を招いて〜が開催されました

 町方町街区のまちづくり再開発のための地権者セミナーが開催されました。
 ふるさと財団の吉田部長のおはからいで高松丸亀町商店街の古川理事長を招へいし、午後3時から町方町自治会館でコアメンバー会議を行いました。
 昨年丸亀町を視察したコアメンバーですから古川理事長も良く解っておられ、丸亀町の現在の進捗状況や今後の展望などもお話しいただきました。

 午後7時からは保健センターで地権者セミナーでした。
 吉田部長、古川理事長に加え西郷真理子先生もこのセミナーに忙しい中を駆けつけてくださいました。
 一昨年古川理事長にお越しいただいた時よりさらに丸亀町は発展しています。
 2月16日に国会で参考人招致を受け3時間にわたってまちづくりについて国会議員の方々にお話しされたそうです。
 丸亀町の取り組みは民間主導によるまちづくりとして地域のコミュニティーを作りその価値を高め、税金の投入が確実にリターンとして固定資産税や住民税などで回収できる仕組みになっている事を話され、第2の事例として沼津が今取り組んでいることもお話しされたそうで、沼津に対する期待値が高い事を熱く語ってくださいました。
 西郷先生はMIPIMの世界大会に西郷先生が取り組んでいるまちづくりがノミネートされ、3月にカンヌで日本パビリオンに出展することや、ノミネートの理由が地域のライフスタイルのブランド化と言うテーマが評価され、沼津の再開発もこの中に入っているので自信を持って欲しいとのお話でした