8月13日(金) エリアマネージメント研究会が開催されました

 座長の秋山先生の絶妙な進行で、藻谷先生、竹内先生、上村さんの緻密な分析や鋭い視点の指摘が飛び交います。
 第1回目の要約を9項目でまとめた資料を基にひとつ筒議論を深め、討議事項はさらに付加彫りされ課題が次から次へと生まれます。
 沼津市はこれらの課題をしっかりとつぶしていかないと10年20年先に立ち行かなくなることが良くわかりました。
 さらになすべき調査・分析がしっかりと採られていなかった事も浮き彫りになりました。これらは大学や行政とも連携し、最低限の現状把握が必要であることが確認されました。ぬまづらしさの発見や構築は直近の課題であり、そこにこそビジョン策定の意味があります。
 第3回目は沼津中心市街地活性化協議会の方々にもオブザーバーで参加頂き、情報を共有していただこうと言うことになりました。
 終了後はインターンシップの学生達と名刺交換会が開催されました。