9月25日(土) 福祉まつりが開催されました

 「福祉って普通のこと」がテーマの第1回福祉まつりが開催されました。当日は天気にも恵まれ、障がい者の方や健常者の方も同じ会場でお祭りを楽しみました。
 加藤学園総合福祉学科19名と沼津高専6名・富士常葉大2名の学生達がボランティアで会場スタッフとして活躍をしてくれました。
 セラピードッグ達も会場で日ごろの活動のデモンストレーションを行ったり、実際に車椅子で街に出かけるウォークラリーなども行われました。
 まちの情報館は青年部が福祉についてのアンケートとQ&Aを行いました。アンケート結果は集計後、関係者へ配布され今後の参考にさせていただきます。
 アンケートの中の質問の「子供や高齢者、障がい者にとって、行きやすい場所」は将来的にはマップを作成し、沼津を訪れるかたの為に役立てたいと計画中です。