9月15日(土) 青年・学生リーダー塾が開催されました

 今回の青年リーダー塾のテーマは「東洋哲学に学ぶ人望について青年リーダー塾としての立ち振る舞い」
「人望」とは何かから始まり、「尚書」の九徳・「呻吟語」などを例にどのような立ち振る舞いをすればよいか、「人望力」をつける八つの条件等を学びました。「偉い人ではなく尊い人」を目標にこれから社会に出て行動していくようと結びました。
 後半は「トフラーレポート」を元に現在の日本の「規模の経済」から「知識経済」へと移行している世界に対応するにはどのような教育や意識改革が必要になってくるかを学びました。