3月8日(土) 青年・学生リーダー塾が開催されました

 今回のリーダー塾は先月の続きで「安岡正篤 こころを磨く言葉」の第2章「人間学のすすめ “生きる力”をつけるために知っておきたいこと」です。今回は16名が参加しました。

「人間学」とはどういうものか。
勉強は何のためにするのか?「有源の井水」とはどういうものか?
人間学を学ぶために欠かせないこととは?
思想や信仰は「生きた力」になるか?
知識や技術に走ると、どうなるか?
不正をしない、立派な大人になるには?
「人生の関所」にぶつかったときには?
組織をうまく治めるには?
「奇跡」は舞い降りるものなのか?

を学びました、今回の終了後の食事はカレーと豆腐と海草のサラダ・マカロニサラダでした。