3月29日(土) 青年・学生リーダー塾が開催されました

今回のリーダー塾は「安岡正篤 こころを磨く言葉」の第3章、“新しい自分に生まれ変わる 〜何歳になっても「いいこと」が次々と起こる発想”
急きょ日程が決まったにもかかわらず、10名が参加しました。

なぜ、日々心を新たにすべきなのか?
何かを成し遂げるために必要なこととは?
いつまでも若いままでいるためには?
対立から逃れるには?
心をわずらわせないためには?
時の勢いに乗るには?
「改革」を成功させるには?
「稚心」は何歳くらいで捨てるべきか?
「大きな人間」になるには?
年をとっても、人は変化していけるものか?
世の中の変化にどう対応するか?

を学びました。今回の終了後の食事は牛丼でした。