7月30日、経産省の中心市街地活性化室の方々が夏祭りの視察とぬまづ産業振興プラザ・まちの情報館のスタッフとの意見交換を目的に沼津に来られました。

内閣官房に移られた水越さんが声掛けしてくださり、全国の県や市から研修で経産省に出向している若手の方々4名とともに沼津港・びゅうお・御用邸を見学し、まちの情報館で商店街の芦川会長・水口さん、学生スタッフの近藤君・藤田君・千葉さん、沼津高専のインターンシップの学生たち、日大の外交官試験を目指す学生たち、ホットケーキのメンバー、更に柴田係長はじめ行政スタッフの方々が入れ替わり意見交換をしました。

杉澤課長からは夏祭りのTシャツとウチワが贈られるという粋な計らいもありました。

経産省の人たちはその後、花火の桟敷席に移り沼津の花火を見ながら、ほんのひと時遠く故郷の夏祭りを思い浮かべ帰京されました。