9月8日(金)、「アーケード地区 まちづくり懇談会」が開催されました

 8月8日(金)午後7時から保健センターで開催された平成18年度第1回まちづくり懇談会は町方町自治会・アーケード名店街地権者が30名近く集まり、役所からも再開発課・諸侯振興課など4課を中心に東京のコンサルタントを含め15名近くが来訪者に、平成17年度に開催したワークショップの報告を始め現状の課題と問題点、まちづくり方針の原案や今後の進め方やモデル地区の選定について幅広く意見交換がなされました。
民間からはアーケード全体のグランドデザインの提示と地権者の権益をどのように考えているかといったことを中心に質問が投げかけられ、特に商店街だけでなく地域住民への関心を高めるための手法についても参加者が協力して情報を共有できるようにし、安心安全なまちづくりを官民協働で進めていくことが大事であるとの合意を見ました。
今後この懇談会は12月18日・19年2月13日の2回開催し、住民や地権者の意見を集約した形で行政とコンサルが支援する提案がなされ、意見交換は当初の予定を超える白熱した内容となりました。