4月4日(月)まちの情報館で論語勉強会が行われました。

 今回は「微子第十八」・「子張第十九」を勉強しました。
 「微子第十八」は、物事の考え方が出来上がってきた中で、あなたならどうやって行動に移していきますか?と、問う内容です。物事を行うに当たっては自分で自分に釘を刺すように覚悟を決め、実行することが大切です。
 「子張第十九」では、人と交流していく中で価値創造が出来るか否かを判断することが論語の意味であることを再確認しました。また、様々な人と交流して徳を積んでいくことの大切さや楽しさについて学びました。
 次回の論語勉強会は、4月18日(月)18:30〜21:00まちの情報館で行います。次回、とうとう論語勉強会は最終回です。参加メンバーそれぞれの感想文を発表し、次回の課題図書について考えていきます。興味のある方は是非参加してみて下さい。