論語勉強会に参加して

近藤 貴章

 論語勉強会に参加させていただいて、自分に対して常に課題を与え目的を持って学ぶ事の大事、言動は真実であることが前提であり、大言壮語であってはならず、何よりも行動と言動が一致していなくてはならないものであり、公の場で結ぶ約束だけでなく、「言った事は必ずやる。」という精神であるべきであると感じました。コトバは周囲を取り巻く仲間との信頼関係を作ることもできるが、壊すこともできるものだと、僕は理解し、公の場では物事を伝えるには包み隠さずに、嘘のないシンプルな言葉で伝えることが大切であると感じました。
 まず、一番自分自身で変化したと思えることは、物事を行っていく上で何らかの壁にぶつかったときに、「なぜこのことを始めたのだろうか?」と、本来の目標を見失わないように何度も確認する癖がつきました。本来の目的を確認する時間には糸目をつけずに自分が納得するまで思慮し続け、答えが出ればそれに向かって躊躇することなく立ち向かう。自分が志したその道の感触をたしかめながら歩んでいけば、楽しみながらその目標に到達し、気づけば想像以上の力になる。道を歩んでいく上では堅実に善であることを確かめ、目的がぶれないように確かめる。その時間が魂との反省会であり、一日のあらゆる時間を当てて反省しようと心がけています。
 子曰く、君子は食飽くことを求むることなく、居安きを求むるなく、事に敏にして言に慎み、有道に就いて正すを学を好むべきのみ。
 子曰く、学んで時にこれを習ふ。 亦説ばしからずや。 朋あり遠方より来る、亦楽しからずや。人知らず、而して慍らず、亦君子ならずや。(学而篇よりそれぞれ引用)
自分の中で印象に残るのはこの二章であり、とくに「学んで時にこれを習う」という言葉には僕にとってこの論語においての最も重要な事柄が凝縮されていると感じています。生きている上での、瞬間に「学ぼう。」という考えを持つ事。また、成功しても失敗しても繰り返し、繰り返しで研ぎ澄ませてゆく事の大切さ、またここから上を目指して満足することなく進む意欲を持つ事が大事である。
また、論語勉強会を通じて何度も何度も「幸せ」について語り合ってきたけれども、僕は「幸せ」という言葉にいつも疑問を持っていました。「幸せ。」ただ口にしてしまえば、ただ満足感を与えるだけの言葉だと感じていました。でも、この論語を通じて「幸せ」は過去形であってはならず、現在進行形でなくてはならないこと。感じるものではなく求めるものであること。とにかく、幸せには満足を求めてはならないものだと僕は感じました。
人間は本当にシンプルな生き物であり、「何の為に何をするのか?」ということを思って勉強すれば自分の大事がぶれない。だから、自分にはものづくりが大事で、真正面から向き合い続けて表現力、感性、スキルを養い続け、その中から生まれる新しい発見を大切にしたいと感じます。「失敗」したら、もう一度、「成功」したら、より一層。「できることをやるからうまくいく。」それが、地に足をつけて歩いていく基本であるから、テクニックに走らないように自分に戒めの言葉としていつも秘めておきたい言葉です。また、「できることをやるから新しい課題へぶつかる。」そうしたらそのときは、自分を奮い立たせて立ち向かう。この繰り返しで僕はこれから成長していきたいと思います。