11月22日(月)、まちの情報館2階で商業者のためのマーケティング塾 Part1が開かれました。講師はマーケティング参謀室室長の山口雅人氏で、現在コンサルティングや講演・研修の講師として活躍されています。今回第1回目の講座内容は、1.地域オンリーワンストアへの道、2.顧客の視点「何を提供してくれる店か」(成長店と衰退店の大きな違い)、3.伸びているお店の7つの共通点(販売代理店から購買代理店)の3点でした。その中で最も大切なことは、夢や志を持ったらまず日付や期限を切り目標に変えること、次にそれを身近な人に公表することの2点で、そうすることで行動力が活発になり、また協力者が現れ、夢が実現するとご講演されました。これを実践するかしないかが成功店と衰退店との間の大きな違いであるとお話して下さいました。

 次回のマーケティング塾は、12月3日(金)、19:30〜21:30、まちの情報館2階で開催します。お楽しみに!