第4回ぬまづタウンユース

平成16年11月25日(木)19:00@まちの情報館

参加者:9名

配布書類: @第4回タウンュース次第
Aまちあるきワークショップ資料&報告

B12月11イベントでの実践方法について


日本大学文理学部 佐野 充 先生よりお話

「まちづくり」どういう視点でやったらいいか

「慈善のビジネス化は困る」「ボランティアの原点忘れずに」

聖路加国際病院理事長・日野原氏インタビュー(日経04/11/15)



沼津の地域資源はなんだろうか?

「地魂洋才」「磨けば輝く地方の資産は多い」

シリーズ「平成の開国」(日経04/11/21)



新たな世代に訴える感覚

「団地フリーペーパー」「ジェネレーションY」

(日経04/11/08)(日経04/11/17)



最後に


タウンユース連絡事項

@タウンユースHPについて

 半藤試作のHP案を皆にプロジェクタで見てもらった。日程やメンバー表、お知らせ、掲示板などのコンテンツを提案。HPは携帯でもPCでも見られる予定。おおむね了解を得る。なお、掲示板は既に設置して稼動中。

Aまちあるきワークショップの報告

 10月31日、11月6日に実施された「まちあるきワークショップ」の報告が参加者・中村よりあり。

「オレンジワイワイ」@アーケード名店街への参加について

幹部会での話し合い事項を説明。タウンユースとして今回のイベントに関わっていく方針。まず皆でなにかやってみるのが大切では? 関わり方の案は3つ。

  1. タウンニュースでブースを出す。

  2. ショップをイベントに呼んでくる。

  3. とにかく参加してイベント動員に貢献。

佐野先生コメント「@は名も実もとる、Aは名を、Bは実をとる選択」

(参加者意見)

全員の意見をまとめた結果、のっぽパンをテーマにしたブース出店をすることに決定

内容については例えば・全種類集合 ・どの味が好きか投票 ・次は何味がほしい?アンケート ・試食と販売 ・のっぽパン資料の展示 などなど・・・

販売や仕入れについてはNBS(エヌ・ビー・エス)さんの許可をもらい、協力をお願いしたほうがいいのでは。

また、時間的にあまりないので、実施までに何回か集まって具体的なことを決めたり準備していかないといけない。

→11月29日(月)にNBSさんに訪問できるようにアポイントをとる。

→11月30日(火)にもう一度タウンユースで集まり、29日の結果を踏まえて具体的なことを話す。

(備考)

テーマごとのグループ活動については、一時休止とする。

今日来れなかった人も出来るだけイベントには参加してほしい。

次回、定例の第5回タウンユースは12月16日(木)に開催